1. マウスコンピューター購入ガイド
  2. ノートパソコン
  3. ≫Corei7搭載のハイスペックモデルがこの価格!SSDとのデュアルストレージでハイスピードがウリのMB-K670XN-SH2

Corei7搭載のハイスペックモデルがこの価格!SSDとのデュアルストレージでハイスピードがウリのMB-K670XN-SH2

マウスコンピューターのm-Book Kシリーズの特徴は

  • 15.6インチ液晶
  • SSD搭載
  • クアッドコア
  • Windows10
の特徴があり、マウスコンピューターらしく価格も低く抑えられています。

その中でも「MB-K670XN-SH2」はCorei7に加え、タイトルにもあるようにSSDとハードディスクのデュアルストレージ構成、そしてこの2つ活かしきれるようにメモリも16GBという大容量としているのがポイントです。

これだけのスペックを持ちながら109,800円(税別)!今回マウスコンピューター様より本体をお借りすることができたのでレビューしていきたいと思います。(2016年10月25日現在の内容です。製品仕様、価格については変更となる可能性がありますので必ずマウスコンピューター公式サイトでご確認ください)

スペック

モデル名 MB-K670XN-SH2
OS 基本構成 Windows 10 Home 64ビット
CPU プロセッサー インテル Core i7-6700HQ プロセッサー
グラフィックス グラフィック・アクセラレーター GeForce GTX 950M / インテル HD グラフィックス 530
メモリ 標準容量 16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)
スロット数/最大容量  2 (空き 0) / 最大32GB (16GB×2)
ストレージ M.2 SSD 256GB (M.2規格/SerialATAIII 接続)
ハードディスク 1TB SerialATAII 5400rpm (SerialATAIII 接続)
※SATAIII 接続ですがデータ転送速度/機能はSATAIIとなります。
カードリーダー マルチカードリーダー(前面×1)
[対応メディア:SDメモリーカード (SDXC,SDHC 含む)、メモリースティック (Pro 含む)、マルチメディアカード]
液晶パネル 液晶 15.6型 フルHDノングレア(LEDバックライト)
解像度 1,920×1,080
Webカメラ 200万画素
スピーカー ステレオ スピーカー (内蔵)
動作時間(標準バッテリー使用時最大) 約6.4時間
本体寸法 幅×奥行き×高さ(mm) 374 x 249.5 x 32.8 (折り畳み時)
重量(標準バッテリー使用時) 約2.4kg
標準付属ソフトウェア セキュリティ マカフィー リブセーフ (60日体験版)
その他 Sound Blaster CINEMA2
保証期間 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート

外観

シンプルな外観なので安っぽさがなく汚れも目立ちにくいので長く使い込めるデザインです
MB-K670XN-SH2

左右にそれぞれUSBポートがあります。右利きの方が多いので左側に集中させて配線等が邪魔にならない配慮があります
MB-K670XN-SH2
MB-K670XN-SH2

外で使う

ちなみにカフェの2人用席だとこうなってしまいます
MB-K670XN-SH2

本体内部

大型のヒートパイプが目立ちます。高性能だけに負荷がかかる作業が多いことを想定し熱対策されています
MB-K670XN-SH2

画面&キーボード

ノングレア液晶なので背景などが写り込まず小さな文字も見やすいのが特徴です
MB-K670XN-SH2液晶

大きめのパームレストで細かい作業もしやすい
MB-K670XN-SH2パームレスト

テンキーを付けられるのは15.6インチならでは。エクセルでの表作成時などに重宝します
MB-K670XN-SH2キーボード

付属品等

サポートマニュアル・保証書等です
MB-K670XN-SH2付属品

意外と使われないHDMIポートですがHDMI端子のあるモニターへ出力できるので大画面で使いたい時に便利です。但しケーブルは付属しておりません
MB-K670XN-SH2HDMI

まとめ

オーソドックスな本体ではありますが高性能のパーツで固められており外観からは想像できない処理速度を発揮します。電源ボタンを押してからの立ち上がり速度は約20秒で、従来のハードディスクモデルや長年使ってきたパソコンと較べると驚異的な速さです。

これはSSDにプログラム部分を任せてハードディスクは記憶容量に専念させているためなのです。その実証動画は以下の通り。

Corei7とメモリも16GBという組み合わせは中々珍しく、メモリも多くは8GBのモデルが多いことを考えると非常にハイスペックであり、動画編集はもちろん重い画像編集ソフトなどもストレス無く動作させることが可能です。

そのような高性能でありつつ、液晶も大きい15.6インチという贅沢仕様ながら約10万円!マウスコンピューターの中でも新世代スタンダードと位置付けられているのも納得です。

マウスコンピューター公式サイトで詳しくどうぞ